かまじいのブログ

INFP-Tの綴る言葉の世界

諦めて生きる

最近のブームは”仕方ない”

思うようにいかないことがほとんどで、どうにかしようとすればするほど苦しくなる。そんな時、仕方がない事と諦める。今までは何とかしようと頑張ってきたが、そんな気力もなくなってきた。諦めると言っても投げやりになるということではない。自分にできる事を淡々とやっていく。

この1か月、少しづつ何かが変わっていった。行ったり来たりしながら落ち着くことができない。考え方が変わると、結構疲れる。今までにはなかった何か。当たり前だと思っていたことがそうではなくなる。どうしていいのかわからないこともある。ボーっとしたまま時間が過ぎる。

世の中にはいろいろな人がいる。話を聞いているとその人の癖みたいなものが見えてくる。自分のコトはよくわからないが、人の事はよくわかるとはこういうことだ。人の話を聞いているとふと気づくこともある。私も同じかもしれないと…。でもそれ故に共感できるところもある。でもその癖は自覚するのは難しかったりする。クセって無意識だから意識しないと自覚できない。だから相談とかって第3者に聞いてもらった方が良かったりする。客観的に見てくれる人。友人だと勝手な思い込みがかなり入ると思う。

身体も人も操作しようとするからおかしなことになる訳で。多様性というけれど、今までは多様性を許さなかっただけではないだろうか?本来多様なはずなのに、そうならない様にレールを作りそこから外れる者は社会不適合者となり外された。外れない様に教育されてきたように思う。

高校の国語の授業で、作者は何を思ったのか?という問いに”答えはないと思います。”と答えたら教室中がわたしに注目した。そんなこと作者に聞かないとわからないし、そもそも何を思うかはその人の自由だと思い、意味がわからなかった。理解のある先生だったので、間違いではないが、テストでは点が取れないと言われた。そうですよ。その通り。作者だって時間が経てば違う考えになるかもしれないだろ~!!

まさに私は社会不適合者だったと思う。だけどお陰様で常に疑問を持ち続けていた。どうして?そんなことがきっかけで突き詰めていってらどうして人は生きているのか?に辿り着き今では禅の考え方に脚を突っ込んでいると言う訳です。

 

何かの記事で”気づき”とは相反するもの両方を自分が経験してはじめて気づくという。実際に経験しないと気持ちなんてわからないのかもしれない。両方経験しても我が強いと訳が分からないことになっていく。こだわらないこと。執着しない事。わたしで言う諦めて生きる。仕方ない。

ああでもない、こうでもない、と言っている人ほど意見がコロコロ変わったり、自分ってものがなかったりするような。矛盾しているが、自分自分は良くないが、自分がないとぶれてしまう。上手く言葉では言えないが、これが感覚というものなのだろうか?わかる人にはわかってもらえるのでは???結局同じことを何も考えずにこなしているといずれは飽きる時が来てどうでもよくなってしまうのではとも思う。感情とは心の形成物とタイが言っていた。自分と和解するとは、自分と向き合うことであり、自分の過ちを修正すること。現象は結果であり、そこまでの過程があり、原因がある。ひとつづつ丁寧に紐解いていく事で自分の癒しになる。誰が悪いわけでもなく、ただそのコトを見つめ、受容していく。時には苦しく辛い事もある。だけどそこを乗り越えないと、自分を超えられない。相手は他の誰でもなく自分自身。

癒し=リラクゼーション的な感覚があるけれど、そうではない事がわかって絶望したが、仕方ない。諦めようと思った。藻搔いたところでどうにかなる訳でもなく、現実を受け入れるしかなかった。私以外の誰かは気持ちよさそうにしているけれど、私にはそれが出来ない。同じことは出来ない=現実は変えられないので、できることをやっていく。そんな自分を受け入れて自分を変えていく。そのうちに自分なんてなくなっていくんだろうな。。。

 

未知の世界

久しぶりに師匠の施術を受けてきた。

結論、、、未知の世界だった。

頭は圧縮袋に入れられているみたい。、脱力できないどころか、肩は左だけが緊張状態。身体と身体が一致しない感じ。バラバラではなく自分の中でカオスが繰りひろげられている感じ…。何だか訳のわからない状態だった。最後に施術前と後と立った感覚を確認するが、どこで立ったらいいのかわからない。軸はあるけど、重心が行ったり来たり定まらない。違和感でしかなかった。身体の中で固いところと柔らかい所の差がある。左右差もある。自律神経が上手く働いていない。交感神経と副交感神経が同時に働いているので訳のわからないことになっている。

 

哲学思考なので頭は変えられないし、変えるつもりもない。だからバランスをとるのではなく、そのまま動けるようになること。保持したまま、変容するという事。インテグラル理論を思い出す。自己成長はまずは受容する事。解決するのではなく、そのままで変容するという事。養老先生がトラウマの防衛反応は逃げるという事。それを克服することでいろいろなものが見えてくる。と言っていた。克服の意味がわかった。症状を失くすという事ではなく、変容させることに意味がある。

トラウマを何とかしよう、フラッシュバックをどうにかしたい。

以前わたしの他3名がひとりにまとめるのは嫌だと反対したことを思い出した。それを辞めたとたん、気がつけばみんな出てこなくなった。共存することに意味があるのだろう。だからトラウマをなんとかしようとするのもやめよう。共存しながら生きていく。トラウマのお陰でわたしは生きてきた。なんだか複雑な気持ちだ。今までの私は何だったんだろう?考え方が覆された感じ。あれっ???って世界観が変わったのでもう一回問題解きなおしてみないとね、、、的な。まだ現状把握できていないので頭のなかはぐちゃぐちゃに詰め込まれている。自分の家の中で迷子になっている感覚。あ~何だこれは。意味がわからない。

 

兎にも角にも、一旦受容。ぐちゃぐちゃなわたしを存分に体験し、落ち着けば道が開けてくるでしょう。楽しみながら苦しむ。そんなことを言ってたな~。

ブッダから学ぶ

ティク・ナット・ハンの入滅をきっかけにブッダの本を読み返したりした。

以前は普通に読み過ごしていたことが、今は違う解釈になったり、深く意味を捉えられたりしてオモシロイなと思った。雲水の修行にもこういう意味があったんだ!と発見と気づきの連続で、本当に禅って素晴らしいなと思った。そして私の師匠が禅を好きな意味がわかった。

 

最近のわたし、感情に振り回され、月経周期も相まって、過食傾向。寝る前に食べたくなる。無理せず食べる。何か理由があるはず…。なんと、過食症の一種かもしれない。夕飯はきちんととっているのにお腹が一杯にならないという事は、要するに神経がいかれているということ。高校生の頃だった。過食と拒食を経験した。しかしよく考えてみると断食や一日一食をやってみたり、気が済むまで食べてみたり、、、同じことなのかもしれない。そして私のココロは満たされない(;´Д`)自律神経がおかしいのはずっと。緊張状態があることは自覚しています。となるとやはりこれはトラウマが関係していると思われる。

満たされない何か。食べ物を食べて満たそうとしているが満たされないことはわかっております。物質でも満たされないことも、、、、。そこで座禅。軟蘇の法。すると息のしづらさはわかっていたが、どこが詰まっているかがわかった。胸ではなく、あばら、みぞおちのあたり。しばらく呼吸を続けていると、鼻が通ってきて、呼吸が深くなったことに気づく。

 

ある意味、過食は苦行と同じではないか?と思った。だいたい数日後、胃腸の調子が悪くなるか、面白い事に月経周期も相まって痔になることも多い。自傷行為と同じである。やり場のない怒りや悲しみをどこに向けるかであって、私の場合、自分の内側に向けている。それが食べ過ぎるという行為であって、、、。抑えられない衝動、、、。ある意味”欲”である。何とか状況を把握し、過食という事を理解した上で食べるようになった。食べても満たされないけれど、食べる。ただ、何でも口にできればいいというのではなく、先日は胃に優しい鍋焼きうどんをほおばりました。そしてその後、座禅。だったら食うな!と突っ込まれそうですが、、、。満腹中枢がいかれていると、お腹がいっぱいなのに食べられるという事は、身体と心が別々だからなせる業。連動させることも、バラバラに動かすことも出来る。面白く、興味深い。

何でもそうだけれど、いきなり治るものではない。ゆっくり少しづつ治していく。だから軟蘇の法を毎日寝る前に続ける。やっていくうちに自分の中で何かが変化していくのをただ感じる。微細なものにも気づけるようになる。人間って意識しないと忘れてしまう。いろいろな事が当たり前になってしまう。そして何だかよくわからないことになっていく。自己変容とは自我が小さくなっていく事だと。

お金や物質ではなく、心が豊かでありたい。

 

 

ティク・ナット・ハンの死

2022.1.22 ティク・ナット・ハンが入滅された

 

なんとこの日は娘の誕生日である。

なんという偶然だろうか。。。

 

彼は世界中にマインドフルネスを発信した人。何度か本を手にしたが、私には内容が理解できなかった。食べる瞑想、歩く瞑想、やってはみるものの?????

久しぶりに本を手にとってみる。あれ、以前とは違う。何となくわかってきた気がする。そう、先日のカウンセリング以降私の中でイベントがあり、腑に落ちないことが多々あった。そんな時私の心を救ってくれるのは大抵、禅、仏教の世界。般若心経の意味をもう一度読解する。写経をする。ティク・ナット・ハンの本の中に、皆愛に飢えているとあった。だからいざこざが起きる。怒りや悲しみの意味を理解することができれば癒しは起こる。あれ、これ私が今取り組もうとしている事じゃん!!!!深い癒し。それが変容である。

何年か前に、プラムビレッジのリトリートに参加しようか迷った事があった。その時は勇気がなくて躊躇ってしまった。だけど今こうして彼の死をきっかけに彼がしている事の意味を理解でき、幸せに思った。そして娘の誕生日と同じことを誇りに思う。私にはできることが限られている。だけど彼の思いに賛同できるので、少しづつできることを続けていき、世界平和に貢献できるよう精進していきたい。

 

マインドフルネスが独り歩きをして、間違った形で解釈されているという側面もある。息を吸って吐いて、答えが下りてくるものでもない。積み重なった結果であり、周りの人が幸せでなければそれは本当のマインドフルネスではない。

自分の中の苦しみ、怒り、悲しみ、恐れ、様々な感情を理解した上で癒しは起こる。相手の感情を理解した上で、自分の悲しみや怒りではなかったことに気づく。自分の中の感情と向き合うという事は自分自身と対峙するという事。俯瞰する。ある時期から感情が悲しみから怒りに変化した。言葉は言霊。というが出てきてしまうものは仕方ない。感情の赴くままぶっ殺してやる!と思い続けていたがある時を境に、人はいつか勝手に死ぬという事に気づき、諦めた。自分の感情は何処から来ているのか?どうして苦しんでいるのか?そう簡単に解る事ではないかもしれないが、理解しようとしなければいつまで経っても状況は変わらない。理解すること→受け入れること。なんでもそうだけれど物事の本質が分からなければ、いつまで経っても変わることは出来ない。考えるコト。何でも鵜呑みにしないで本当にそうなのか?自分自身で考えて問い直す必要があると思います。

 

師の思いを継続すること。それが師がわたしの中に生き続けるという事。

いつも私と共にそばにいてくれます。

カウンセリング

スクールカウンセラーに会いに行ってきた。

割と相性が良いので有効利用させていただいている。娘の事は勿論だが、私の事もアドバイスをくれる。

カウンセリングを終え、学校近くのスーパーで買い物をして娘の下校待ちをしている時、トラウマカウンセラーのメルマガが配信されていて目を通す。何ともナイスタイミング。同じような内容が。。。

過酷なトラウマ体験をしていると普通が普通だと思えなくなり、自分が悪いと思いがちだが、それは違うんだよと。私自身そこまで酷いとは思っていなかったがカウンセリングを受け、あっ、私もそうなんだ~と思い、メルマガで確信。あっ、私じゃん。”あなたは何も悪くない。”でも、、、ずっと責められ続けてきたから感覚が麻痺している。長年の思い込みとは怖いモノである。

言われたその時はへぇ~そうなんだ~とただ聞いていたが、帰ってきて考え直してみるとあぁ、そういうことか❕。あっ、私の闇は深いかも(゚Д゚;)

今年は自分を癒そうと思い、トラウマの勉強をしようと思います。と伝えると、「自分と向き合うのって怖くないですか?」と

いろいろな人の本を読んだりしているうちに、哺乳類は社会性の動物だからどうしても人と関わらないと生きていけない。人に傷つけられたからこそ結局は人でしか癒せないと思う。癒すというか、許すというか。委ねるというか。自分の中で失うものがなくなった時、他人に自分を預けることができるのかもしれない。あけわたす?自分を超えていく?そして人を癒すことで自分も癒されていくように思います。

「めげない強さ、勇ましさを感じます。こちらが清々しさを感じます。」と言われ、あっこれもいろいろなセラピストが言っていた件だ~なんて思いながら

 

癒しって心地よいイメージだけど本当の癒しって違うのかもしれない。切り傷ができた時と同じようにしみたり、痒かったり、いろんな変化を経て傷が無くなっていく。そういう経験ができると魅力のある人間になれるのかも。そう考えると、トラウマも悪くないのかな?と思えてくる。プラスからは何も生まれない。

今、こうして生きている事が奇跡なようなものだと。

荷物を下ろしてゆっくりと休んでほしいと。

わたしはスゴイ事をやってのけてるんだよ(゚д゚)!

ということで 私には癒される権利がある!

魂との接触

前回、セルフタッチでフラッシュバックの様なものが起きたことを取り上げた。何となくその方に勇気をもって連絡をしてみた。

やり取りをしているうちに、初めてお会いした時のことを思い出した。何年か前に参加したセミナーの講師のひとりだった。面識はないが共通点はあったので少しだけ会話をしたのは覚えている。

その方の講義が始まった。そこでもセルフタッチを実践した。もちろん気持ちイイとは思わなかった。ただ、声や佇まいが優しく、ある人は菩薩の様と…。しばらくすると、何故だかわからないが涙が出てきた。全くもって泣くところではない。

その時SNSを繋いでいただき、挨拶がてらこんな事がありましたと報告させていただいた。「共鳴していただきありがとうございます」と言われたがさっぱり分からなかった。

数年後、涙の意味がもしかして~となる。見えない何かが癒されたかも!自分では気づかない小さな何かが浮上してきた。ひとりで勝手に腑に落ちた。

 

今回はいろいろアドバイスをいただいた。そしてわたしはこの方の魂に触れているのかもしれないと。以前学んでいたエソテリックヒーリングのテキストと本を引っ張り出しざっと読み返す。忘れていることも多いが、もしかしたらこういう事かも…。という学びもあった。

 

そして忘れていたことを思い出させてもらった。

確か師匠に言われたこと。

「施術は気持ちイイなんて誰が言いましたか?」一般的には気持ちいいモノという認識がある。そして大抵の人はスッキリした。気持ち良かったという。私はそうではなかった。気持ちイイと言うよりダルくなる。快とは言えない場合もある。不快こそ自分の奥底にあるもの。それを不快と思わなくなることが本当の癒し。これも今回の事で深い理解に繋がった。この方にも、気持ちイイだけではなく、気づいていく事と言われた。

エソテリックヒーリングの中に患者を治癒させるのが治療の目的ではない。とある。魂と接触させることが目的。その中の1つににカルマの解消がある。今まで培ってきた中で心に刻まれた呪い、向き合うことで痛みや苦痛を伴う。トラウマのフラッシュバックと同じ。だけど避けて通れない。上手くかわしていけばシフトチェンジができる。

さっぱりわからなかった本の内容がこうしてわかっていくと面白い。しかも自分の実体験と重なると理解が深まりやすい。がこんな形で結びつくとは思わなかった。真のスピリチュアルが学びたいと思い学び始めたのがきっかけだったが難解すぎて開き直った。難解じゃないといけない理由もわかってきた。考えて考えて理解していかないと真理というものは見えてこない。教える方も、教わる方も。勝手に自己解釈だけで進んでしまえば流行りのスピリチュアルにしかならない。

自分の中で実践して腑に落としていく事、これを生涯重ねていく事で人生に重みや味が出てくる。説得力がある人というのはこういう事だろう。

自分の中の何でだろう?が思わぬ型で返ってきた。

上手く言葉にはできないが、絡まった糸がスルスル解けていく感じ。わたしは1人じゃない。自分でも知らないうちに勝手に癒されていた。頼んでもいないのに…。不思議な力をありがとうございます。

トリガー

友人に「多重人格ってどういうこと?」と聞かれた時に「乖離がひどくなった状態だよ。」

そういえば私も乖離があったと…。最近は落ち着いた状態が続いており、すっかり忘れるくらいになった。

4人をひとりにすることに抵抗があったが、気がついたら大騒ぎをすることは無くなり、時には寂しかったりしたが、今では忘れるくらいになった。そしてどういう時に出てくるか、パターンも解ってきた。いろいろ学んでいる時、哲学的に考えている時は比較的出てくることが多い。普通にボーっと生きている時は何もない事が多い気がする。

ところがオンラインセミナーのアーカイブを見ていた時のコト。最後にセルフタッチというものがあった。以前もやったことがある。誘導されるがままにやっていると何となく気持ち悪い。変だと思った瞬間すぐやめた。何故かわからないけれど、乖離だ。

講師の方は実際にお会いしたことがある方だし、もちろんセルフタッチもやったことがある。以前は常に乖離していたので脳内会議をしながらの外野がうるさいセルフタッチだった。大多数の方は非常に気持ちが良いというが、私はなんのこっちゃ?という感覚。今ここが全くもってわからない。みんなで微細な動きを追ってしまう。今この瞬間を感じて下さいと言われても、4人とも同じことを感じるなんてありえなかった。だから心と身体は一つになんかならねーよ( ̄д ̄)と思いながら、やり過ごしていた。

 

今回意図しない形で乖離が出てきた時、ちょっとしたパニックになりそうだった。自然な脳内会議ではなく、違和感でしかなかった。今回の経験は始めてだった。そしてやばいと思って瞬時にやめた。そう思うと、わたし回避が上手くなったな~と。ヤバい。と思った瞬間、パニックになる前に切り替えることができた。

そもそも人に触れられるのは得意じゃないのはわかってるし、感じ方も他の型とは違うのも十分承知している。自分で触ってもダメって何なんだ~(;゚Д゚)困惑するわたし。セルフタッチに入る前、呼吸から始まることが多い。呼吸法はフラッシュバックが起きそうになった時、夜寝る時、朝起きた時、毎日どこかで必ずやっている。だからここは大丈夫なはず。手と手をこすって~しばらくしてからいきなり覚醒のように我に返るわたし。呼吸でフラッシュバックが起きたことはまだない。何が原因かはわからないけれど、呼吸と何かを合わせると何かが起きるかもしれない。という事は覚えておこう。

私もみんなと同じように癒されたい!と思うものの、無理な抵抗はやめました。どうせ無理だから。自分と同じような人がきっといるはず。そんな希少者の方もしいらっしゃいましたら勇気を出して手を挙げていただけたらと思います。